▶釣行記事更新中!

【シーバス】意外と知らない正しいキャッチ&リリースのやり方と蘇生方法の話

シーバスゲームにおいてキャッチ&リリースという人がほとんどではないでしょうか?

持って帰って食べるという人は少数派だと思います。

実は!キャッチ&リリースのやり方を間違えるとシーバスにとっては危険という事を知っていますか?

そして、間違ったキャッチ&リリースをしている人が意外と多い。

それどころか「蘇生方法」もしていない人があふれています。

ここでは、正しいキャッチ&リリースのやり方とシーバスの蘇生方法を紹介します。

正しい蘇生方法とは?

皆さんはこんな経験はないでしょうか?

シーバスが釣れた後に、サイズを測って写真を撮ってリリースしようとしたんですけど動きが鈍い・・・・

そのまま、リリースしたんですけどシーバスは浮いたまま流されて行った・・・

たまにこのようなアングラーを目にします。

凄く心配になりますし悪いことをしたという罪悪感に襲われますよね。

実はこれ。蘇生をしていないからです。

1.第一にシーバスの事を考える

まずはシーバスの目線で考えてください。

シーバスは釣られる時にもの凄く抵抗します。

人間と同じように、酸素を消費して体を動かしているんです。

つまり釣られた時のシーバスは酸欠状態。

そんな、酸欠状態の中で息のできない陸に上げられると弱るのは当たり前です。

人間に例えると100mダッシュを10本走った後、頭を水の中に沈められる感覚です・・・死にます。

テンションが上がるのはわかりますが、まずは落ち着いてシーバスを復活させましょう。

2.蘇生する

シーバスを釣り上げた後すぐにキャッチで掴むと思いますがサイズを測らずに、掴んだシーバスを水中に戻します。

シーバスをリリースする時に、すぐには戻さずにゆらゆらと水の中に漂わせてリリースしますよね?

あれはシーバスを回復させているんです。

その回復をさせる行為を最初に行います。

やり方は、キャッチで掴んで水中に入れて漂わせるだけ。

これで一気にシーバスの生存率が上がるので必ずやってください。

「これをやると、サイズを測るときにシーバスが暴れるから・・・」という人はナンセンスです!

そんなことは言わないでくださいね。

正しいキャッチのやり方

主に気を付ける事は以下3つです。

  • キャッチからリリースまでの時間はできるだけ短くする
  • 出来るだけ手で触らない
  • 長時間地面に置かない

時間というのはとても大事です。

陸ではシーバスは呼吸ができません。リリースまでの時間を短くすることで魚が弱ることを回避します。

むやみやたらに触ったりしないようにしてください。

そして長時間地面に置かないように!

100%弱ります。

正しいリリースのやり方

リリース方法は同じく「改めて蘇生をしてからゆっくり帰す」これだけです。

絶対に投げ捨てるような返し方。

シーバスを蹴り落とすような返し方はしないでください。(いないとは思いますが・・・)

死にます。

↑ちなみに上記の行動は他のアングラーと喧嘩になるので要注意です。

絶対にしないようにしましょう。

まとめ

  1. まずは蘇生する
  2. 触らない、長時間地面に置かない
  3. 素早くリリース

他にも色々な考え方はありますが、最低でもこの3つを意識していただくとシーバスが生きながらえる確率が高まります。

リリースが前提なら、釣ったシーバスを弱らせないように、死なせないように最善を尽くしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です