▶釣行記事更新中!

【ナイトゲーム】始めていく場所で高確率でシーバスを釣るための3ヶ条

先日、近くの河川へシーバスを求めて釣行してきました。

河口へは何度も言っていますが上流へ行ったのは初めてだったんですよね。

しかも久しぶりのナイトゲーム!

しかし!シーバスは狙い通りにGETできています。

という事でシーバスを釣れていない人注目!

今回はナイトゲームでそのシーバスを高確率で釣るための3ヶ条を紹介したいと思います。

釣り場(ポイント)を開拓するのも大切

近くの河川だったんですけど、上流は初めて行くポイントでした。

というのも・・・

  • 誰も釣りをしていない
  • 干潮だと釣りにならない
  • ポイントに入りにくい

以前から目星はつけていましたが、上記の理由からなかなか行きだせていませんでした。

ちなみに、中級河川程度で釣りをするスペースも限られていて、干潮になると釣りができないような場所です。

逆に言うと、満潮じゃないと入れないという事ですね。

満潮で水深1~2M程度で時間は限られています。

一日中できるわけではないし、ナイトゲームにタイミングを合わせるとなると釣行のタイミングが難しいんですよね。

特に家族がいると自由に行動できないので・・・

そんな事もあり条件が揃っても釣り人がいないのでしょう。

しかし、タイミングよく入ることができ釣れているわけです。

やっぱり、初めての場所でも条件が揃えば釣れるなって事を改めて感じました!

ナイトゲームでシーバスを釣るための3ヶ条

  1. 釣れるタイミング・シーズン
  2. 橋脚の明暗
  3. 釣れるルアー

↑基本的なことなので当サイトでは散々言っていますが、これがそろえば大抵釣れています。

釣れるタイミング・シーズン

シーバスが1番釣れる時期というのは一般的に9~11月の秋ですよね。

地域によって細かい所は違うかもしれませんが、この時期にベイトを求めて川を登り捕食します。

いわゆるリバーシーバスです。

個人的にはデイゲームでもシーバスは十分に狙えますが、確率を上げるにはナイトゲームです。

シーバスは夜行性であり活性も上がりますし、ライトなどの光にあるまるベイトを求めて捕食するので、アングラーとしてはとても狙いやすくなります。

今回は11月上旬でPM9:00。雨上がりの満潮のタイミングでポイントへ入りました。

タイミング的にはgoodですよね。

狙うは橋脚の明暗部分

ナイトゲームでは橋脚の明暗部分が鉄板です。

初めて行く場所は必ず明暗部分から攻めています。

Youtube見てみたらプロも必ずと言っていいほどナイトゲームは明暗を攻めています。

今までも橋脚の明暗で攻略しているので別記事を探してみてください。

今回も暗から明に出る瞬間くらいにガツンッ!と食ってきた感覚でした。

釣れるルアーっていうのは本当にあります

ナイトゲームに強いルアーは存在します。例えばカラーがマッドチャートとか・・・

まぁ、今回はそれと別に橋脚付近や照明による明暗部分についているシーバスに対しての釣れるルアーって感じです。

例えば、橋脚付近を攻めるならCOREMAN VJ-16 です。

特に水深もないので16がベスト!

実績ありです。

しかし、丁度手元になくて万能ルアーであるsasuke120裂波を使用しました。

デイゲームだけではなくてナイトゲームでも全然いけますよw

管理人的が自信をもってオススメできるルアーNO1です。

シーバスが釣れる3ヶ条がそろった結果!釣れました!

明暗部分や橋脚ギリギリを通すとバイト連発!

しかし小さい・・・

VJ-16ならとれてたんだろうな・・・ってかんじでした。

その後釣れたんですけど犯人はこいつ!

小さいw

20㎝くらいのシーバスです。

それでも、やっぱりシーバスはいたんだ!という感動でした。

魚がいたという発見はいつの時も嬉しいですね。

その後、明暗部分でガツン!と50㎝くらいのシーバスをGET!

やっぱり条件が揃えば釣れるんですよね。

もちろんシーバスがいる事が前提であり、自然が相手なので絶対ではありませんが確率はかなり上げる事ができます。

その後ルアーチェンジ!

アイマ ハニートラップ 95Sです。

シンペン系はあまり使わないんですけど何か動きもいいし個人的にお気に入りです。

そして、奥の明暗でバイトを誘発。

やっぱり飛距離は大正義

その後明暗の境目でGET!

釣れたのはチヌでした。

潮も引き納竿といたしました。

今回はナイトゲームでシーバスを釣るための3ヶ条という事で紹介しましたが、新たな釣り場を開拓してみたり、まだ一匹も釣れていない人はナイトゲーム、橋脚の明暗部分を狙ってみてください!

それでは良い釣りライフを!

使用したタックル↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です