▶釣行記事更新中!

基本が1番!シーバスが釣れない時なにをしていますか?ドリフトを極めし者は秋のシーバスを制する!

こんにちは管理人のsane.kです。本日は釣り方の引き出しが多いほうが釣りの幅が広がるなぁ~って思った話。

今回もいつもの河川に釣行しました。

現在9月中場、全盛期にはまだ一歩早い時期ですね。

しかし、釣りがやりやすい季節になってきました。昼はまだまだ暑いですが、夜はとっても涼しいww

本日は大潮。

大人1人ギリギリのスペースに入り込みます。

足元べちょべちょなので長靴タイプ着用です。

これ↓

※画像が暗くて見えにくかったので以下後日撮影のものも含まれます。

つい先日新たなフェルトスパイクを新調しましたが、特に滑るような場所ではあないのでワークマンのやつを使用しました。

【完全防水】オシャレ長靴なフェルトスパイク(磯靴)を買ってみたのでレビュー!

しかしまぁ~釣れない・・・

対岸にもアングラーが見えますが釣れている気配がありません。

風もあるし渋い!!

釣りの引き出しが多いほど釣れる確率はアップする

とりあえず私のパイロットルアーであるサスケ裂波で探りましたが反応なしという事で!

ナイトゲームの鉄板パターンVJ-16で橋脚の明暗を打ちます・・・

しかし、それでも反応なし。

もしかしてシーバスがいないのではないか?そう思えるほど何もない・・・

前回はヒラ通称有明ターポン大発生でシーバスがいるんだかいないんだか釣りにならない状況でした。

本日もいましたが支障はありませんでした。

ここでベイト発見!

暗くてよくわかりませんでしたが、水面に浮いているのは間違いありません。

ここで作戦変更です。

ガルバで明暗攻略

橋脚明暗の水面下といえばガルバかなと思い投げます。

ただ巻きから・・・・

トゥイッチでバイト連発!

そしてHIT!

35㎝くらいのシーバス・・・いやチーバスでした。

でもとりあえず釣れて良かった。

しかし、残念ながらここから当たりがなくなります。

もう橋脚にはついていないな・・・と判断し作戦変更!

アイマ コモモのデッドスローで攻略

シーバスのナイトゲームと言えば、照明の明暗部だけではありません。

それと同じくらい基本な攻め方なのが、ドリフトです。

このドリフトも奥が深いですからね。

ドリフトが分かっていない人は検索してください。

とは言っても何を流すかにもよります。

とりあえず、ベイトが浮いているという事で引き波が欲しいなと思いコモモを選択しました。

その選択が幸いしてかHIT!

40㎝UPでした。サイズアップですがそれでも小さいw

その後は当たりなし。

まだまだ釣りたかったんですが、潮が引いてしまったのでここで終了。

小さいシーバスが2本という結果でした。

正しいドリフトのやり方とは?

↑これ見るとゴリアテ欲しくなりますw

ドリフトのやり方なんですけど、細かいことは人それぞれあると思いますが基本は同じです。簡単に言うと

流しながら巻く

これだけなんですけど、どこにルアーを通したいか?という事を1つ考えてルアーをキャストしてほしいなと思います。

ナイトゲームはフィールドが見えにくいのでルアーの軌道をイメージしなければなりません。

そのイメージ力が結構重要!

あとはどこで食ってきてほいか、食ってきそうだなと考えてキャストしてください。

もう1つ!

ルアーの種類によってもドリフトしやすいものや、ドリフトで釣れるルアーというのは偏ってきます。

管理人はコモモしかり、引き波が好きなのでクロスウェイクとか好きです。

正直、飛距離は出ませんが引き波はいい感じです。

釣れる釣れないに関わらず、引き波はいい感じなので秋のハイシーズンには必ずルアーボックスに入れています。

ルアーに関して言えば、今回のパターンだとシマノのゴリアテなんかもマッチしそうだなと思いました。

持っていないのでぜひ使ってみたいですね。私の周りはゴリアテでガンガン釣れているのでかなり興味があります。

ウェーディングという選択肢

私は潮が引いてしまったので納竿といたしましたが、対岸のアングラーはウェーディングで入っていきました。

ん~ここでそこまでするか~と感心しながら少し見物!

釣れてはいませんでしたが、私がこのまま釣りをしているよりも釣れる確率は高いと思います。

これもまた釣り方の引き出しですよね。

河川中央の橋脚の明暗を狙えていたので凄くいい釣り方をしていると思いました。

でもちょっとナイトゲームのウェーディングって怖いですよね。

誰かといたらいいですけど、一人の時はなるべく安全第一で行動するようにしています。

皆さんも気を付けてください。

なぜ釣れたかを考える。意外と潮目を見落としがち

今回は基本的な攻め方ができたことで釣果に繋がったと思います。

特にドリフトで狙い通りに流せていたかなと。

ナイトゲームになると見えにくいので見落としがちなんですけど、潮目を意識すると釣果に繋がります。

外灯や月明かりで若干潮目が見えていたりするので、デイゲーム同様の考え方で潮目を通してあげると反応があったりします。

特に橋脚周りに反応が薄い時など、ポイントになってきますよね。

そして、デッドスローのドリフト!

これはコモモの泳ぎと引き波のバランスが最高でした。

コモモは昔からドリフトしやすいことや、ランカーシーバスが釣れると有名です。

デッドスローでもしっかり泳いでいたのでそこの評価はかなり高いと思いました。

これからの秋のハイシーズンに向けておすすめの1本です。

ちなみに今回釣れたルアーはどちらもクリアタイプ(スケルトン)のカラーです。

外灯×スケルトンは結構相性がいいですのでそこもおすすめ!

今回使用したタックル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です