▶釣行記事更新中!

シーバスゲームでのルアーカラーの選び方と使い分け!本当にルアーの色を識別しているのか論争

ルアーのセレクト方法がわかれば今度はカラー選びに迷う事でしょう。

正直、ハッキリとした答えはないのかもしれませんが当サイトの持論も含めルアーカラーについてまとめてみました。

ルアーカラーによる釣果の差はあるのか?

そもそもシーバスはルアーの色を識別しているのか?という論争があります。

これはかなり難しい話で現在もあまりわかっていない?ようです。

今のところ「関係ない」と「関係ある」という意見が混在している状況・・・

当サイトの見解として関係ある!という意見は事実だと思います。

実際に

「カラーチェンジしたら爆釣」

「このカラーでしか釣れなかった」

「夜はチャートカラーが鉄板」

など、色の重要性を示す声もありますし実際に私も経験しています。

というより、シーバスゲームを長くやっているとそんな経験が一度や二度ではないはずです。

シーバスはルアーの色を識別しているのか?当サイトの結論

シーバスから見た世界は白黒だという事を聞いたことがあります。

色を識別していない=白黒というのはそういう事でしょう。

しかし、色により釣果が変わるという事で当サイトの結論はこうです。

「シーバスがルアーカラーを認識していなくても釣果に差が出る」

例えばシーバスが見ている世界が白黒でも色の強弱はあるという事。

ナイトゲームは周りがほぼ黒に見えているかもしれません。

その中で白系のルアーがあれば黒系のルアーよりも、はっきりとルアーの存在をとらえる事ができるのではないでしょうか?

それゆえに、ナイトゲームはチャート系やパール系が強いのだと思います。

シーバスは下からルアーを見上げている事がほとんどです。

逆にデイゲームでは、日差しがある中で輝く水面上にパール系のルアーがあるよりも、ダーク系やナチュラル系など色がついていたほうが輪郭がハッキリと見えるはずです。

もう一つはフラッシング。

色は識別していなくても光は認識しているはずです。

キラキラとルアーが光ると色は関係なく必ず見えているので、ナイトでもデイでもそこは共通だと考えています。

ルアーカラーを認識していなくても釣果に影響はあるので、釣りをする場所、時間、季節、ベイトを考慮してルアーカラーを選ぶと良いでしょう。

結局はマッチ・ザ・ベイトという考えも含まれてきますからね。

コノシロパターンのシーズンにはコノシロカラーの方が釣れます。

最終的には釣る場所によって自分なりに釣れる色が出来てくるので、徐々に偏りが出てくるものです・・・

※あんまり難しく考えると、わかんなくなっちゃうんで答えは自分で釣って確かめるだけです。

少し前置きが長くなりましたが、ルアーの色には大きく分けると5種類あると考えています。(※当サイトの考え)

  1. クリア系
  2. チャート系
  3. カラー系
  4. ナチュラル系
  5. ダーク系

全ての色がこの5種類に分類できると思うので以下をベースにシーンごとに解説。

①クリア系

デイゲーム
ナイトゲーム

クリア系というのは透明という事です。

「シーバスから見えにくいんじゃないの?」とも思われますが実は逆です。

クリア系のルアーはトップから表層に多く見られますが、ルアーが光に反射してキラキラとフラッシングします。

日差しが強すぎる日中よりもマズメやナイトゲームが効果的です。明暗部など光が差し込む場所に効果的。

②チャート系

デイゲーム
ナイトゲーム

チャート系はナイトゲームでの鉄板カラーとして有名ですよね。

全体的に見てどのカラーよりも釣果が出ているのは事実です。逆に濁りがあるとき以外はデイゲームではあまり使わないルアーで、ナイトゲームはチャートカラーしか使わないという人もいるくらいです。

その他、デイゲームでも水質に濁りがある時などは白系が効果的。

  • マットチャート
  • パール

③カラフル系

デイゲーム
ナイトゲーム

カラフル系というのは派手目のルアーです。

例えば、赤やピンク、コットンキャンディーなどあまり魚に見られないカラー。

アピール力が強いのでスレやすいですがデイゲームでもナイトゲームでも使えるルアーです。

特にレッドヘッド系のルアーはデイ・ナイトどちらも行ける万能色。

  • ブルピン
  • レッドヘッド
  • コットンキャンディー

④ナチュラル系

デイゲーム
ナイトゲーム

ナチュラル系はより魚に近い色を再現しているルアーです。

デイゲームではナチュラルな色を中心にセレクトすると良いでしょう。

特に水質が澄んでいる時などは、ナチュラル系が効果的。

アピールが強ければいいという物ではなく、より魚に近い色で違和感を与えたくない時に効果的なルアー。

  • イワシカラー
  • 落ち鮎カラー
  • コノシロボラ―
  • ボラカラー

⑤ダーク系

デイゲーム
ナイトゲーム×

基本的にシーバスゲームでダーク系はデイゲームでの使用になります。

晴れている日に暗めのルアーで表層を流す時はありますが、そもそもディープなダーク系ルアーはあまりありません。

他の魚種のルアーはありますがシーバス用で真っ黒のルアーはあまり見かけませんよね。

その代わり、鮎カラーボラカラーなどの少し暗めのナチュラルカラーが主流です。

まとめ

例えば釣り具屋や釣り仲間にそのポイントで釣れるルアーカラーを聞いて実際に使ってみると、他のルアーよりも釣れるってことは良くあります。

「ルアーの色は関係ない」という意見は経験上否定派です。

絶対に色は関係あると考えています。そっちの方が面白いですしね!

しかし、これが絶対というわけではありません。

場所によってはナイトゲームでもナチュラルカラーじゃないと釣れないというポイントもありますし、コノシロパターンになったらコノシロカラーしかつれないというポイントもあります。

まずはリサーチして自分で確かめて、自分なりの鉄板カラーを探し出しましょう。

最終的にはマッチ・ザ・ベイトも意識してセレクトしてください。

良いシーバスライフを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です