▶釣行記事更新中!

【インプレ】モアザン ガルバ87Sスイムチェック完了で釣れる理由が分かった

本当に今更なんですけどダイワのガルバ87Sを購入してみました。

まぁリバーシーバスをメインにするものとしては誰もが知っているルアーなんですが、意外と今まで使ったことなかったんですよね。

という事で今回はガルバのインプレです!

※ちなみに今回はスイムチェックだけで釣れてません。

ガルバ87Sとはどんなルアー?

【87Sのスペック】

サイズ 自重 レンジ
87㎜ 19.3g 水面直下~20㎝

そもそもガルバは湾奥のプリンスこと大野ゆうきさんプロディースのルアーです。

現在はガルバスリムやガルバストロングなど類似ルアーも出ています。

その中で、ノーマルのガルバ87Sを購入。

動画を見る限りまぁ釣れてますね。

しかも、私の周りもかなり釣れてるので購入に踏み切りました。

ガルバ87S=シンペン

ガルバはシンペンです。

で!ですね。その泳ぎとしては水面直下。

感覚的には他のシンペンよりも水面直下です。規格的には水面20㎝となっていますが、言うなれば水面0㎝という感じ。

ルアーが水面から出るか出ないかというところを泳いでくるので表層に引き波が立ちます。

これがポイントの一つで表層にいるシーバスに強くアピールできます。

しかも、デッドスローでもルアーが泳ぎますし、きちんと表層を通せます。

これが最大の武器でしょう。

ナイトゲームにおいて多大な結果を出している理由がわかります。

ルアーアクション

ルアーのアクション的にはユラユラと漂うようなスローピッチアクション。

決して強いアピールではないのでシーバスもスレにくいんです。

ただ巻きOK

このルアーは初心者でも水面直下を引けることをコンセプトにしています。

以下引用

フローティングミノーだとあっという間に流されてしまうスポットを外れてしまうし、僕が良く使うリップ付きシンキングペンシルはロッドを立てればそのレンジを通せるんでが、風が強いとどうしてもラインをあおられて、うまくコントロールできない。だからロッドを倒して、ラインを水につけて巻いてきても表層を通せて、横滑りせずに踏ん張ってくれるルアーが欲しかったんです。ガルバによって、僕のシーバス釣りで思い描いた絵を描くために抜けていた色鉛筆がまた一本埋まった気持ちです。

確かにただ巻きで釣れるようなアクション。更に簡単に表層を通してくれるので誰でも簡単に扱える感覚。

シンペンは表層を引くので流れを捉えにくいのですが、ガルバは微妙な流れの抵抗を感じれたので好印象でした。

やはり飛ぶ

一言で言うと飛びます。

言ってもシンペンなのでアベレージかもしれませんが、重さに対して意外と飛んだというのが第一印象でした。

87Sは19.3gなのですが、アイマのヨイチ(28g)と同じくらい飛ぶんじゃないか?と思います。もしくはそれ以上か・・・

しかも、シルエットが小さいので風の影響を受けにくいんです。

風があるときには強いルアーですね。

傷がつ付きにくい

一番びっくりしたのは傷が付きにくいという事です。

私はアイマのルアーを多用するのですが、数時間も投げれば傷が目立ちます。

しかし、ガルバは数時間投げてもほとんど傷が出来ていませんでした。(若干の傷はあり)

これ、個人的には結構重要事項で嬉しいサプライズでした(これが普通なのかな?)

総合評価

ガルバ87Sの評価
価格
(3.5)
デザイン
(4.0)
耐久性
(4.5)
性能
(4.5)
総合評価
(4.0)

今後リバーシーバスのナイトゲームでは多用しそうな予感です。

ルアーアクションもそうですがただ巻きでいいというのが初心者にも使いやすい理由ですね。

やっぱり実際に使ってみないとわからない事っていっぱいあります。

この記事でガルバの素晴らしさが伝わってほしい!

気になる人は参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です