▶釣行記事更新中!

【インプレ&釣行記】ヒラメはスプーンで釣れる事がわかったので結果報告!一番良かったのはカットバッカー

時は12月31日。

大晦日に釣り納めに行ってまいりました。

当日は、天気も良く風もなく温かいという絶好の釣り日和。

年末年始はヒラメだ!!!

という事で、たまにしかいかないサーフへ・・・

今回は釣行記&ルアーのインプレになります。

前回・・・スプーンを購入していたので早速投げてきました。

前回の記事はこちら↓

ヒラメの釣り方がわからないからスプーンというルアーを買ってみた!

3つのルアーを試してきます。

結果。スプーンでヒラメは釣れる

開始は少し遅めの9:00にスタート。

ド干潮からの上げ潮です。

まぁとりあえず・・・念のためミノーから入ります。

ルアーをキャストするも

ゴトゴトゴト・・・ゴトゴトゴト・・・

超遠浅です。

サスケが底にあたる・・・

という事でルアーチェンジ!

カットバッカーへ。

カットバッカー【インプレ】

今回使ったのは18gなんですがとにかく飛ぶ!

これ以外のスプーンや他の18gのルアーと比較しても飛ぶ。

というのが第一印象ですね。

シルエットもそこまで大きくないので風の抵抗を受けにくく、キャストした時にルアーが空気を突き抜けていく感覚がわかります。

投げやすく、振り抜けが良いので非常に気持ちが良い。

ここまでは良くある話。

もっと伝えたいのは操作性。

このカットバッカーは遠浅のサーフに向いているという事です。

sane.k

もう、遠浅のサーフでは欠かせない存在になりました。

遠浅のサーフで普通のジグをただ巻きだとボトムをずる引きになっちゃいます。

このカットバッカーはただ巻きでもヒラヒラとアクションしながらボトム上をリトリーブできます。

もちろん竿先を上げたり下げたりと最低限のロッドワークは必要ですが、かなり遠浅に適しています。

まぁヒラメ専用なのでそういう風に作られているんでしょうけどね・・・

これは使ってみないとわからないというのが正直な感想です。

しかも、デッドスローで引けるというのが最大の特徴。

今回もヒットはすべてデッドスローでした。

おそらく水深は奥でも1.5m~2m程度。

手前は1m程度です。

キャプテンにアドバイスをもらいつつ・・・

キャプテン

ここ離巌流だから投げていいよ

細かく攻め続けました。

ロッドを立てながらデッドスローでボトム上を引いてくると・・・

ガツンッ!

【HIT】

最初の当たりは力強いですが、引き寄せている感じとしては軽い・・・

上げてみると案の定、小さめのヒラメでした。

おそらく35㎝くらいでしたね。

小さいのでもちろんリリースです。

開始30分くらいで釣れました。

操作しやすいのと信頼感があったので、この日はトータルでこのルアーを一番投げたと思います。

その後はあたりはあるものの乗らない・・・

ルアーチェンジ!

モアシルダ【インプレ】

釣れるスプーンという事で購入したんですが、結局今回は不発でした。

ちょっと操作が難しい?かもしれません。

というより思っていた動きと少し違った。

普通にただ巻きだといい感じにクルクルアクションするんですが

デッドスローだとアクションがかなり弱め・・・というよりほぼボトムズル引き。

カットバッカーと同じようなイメージだったんですが違いましたね。

デッドスローの場合はロッドアクションを入れる方が有効的だと思われます。

時間も経過し徐々に潮も上がりだしいい感じにはなっているのですが

魚の反応は途絶えました。

こちらも投げ続けましたが、当たりすらなくルアーチェンジです。

GT-BIO【インプレ】

最後は中華ルアーのGT-BIO。

こちらもフック交換にアシストフックも装着済みです。

上2つと違い、こちらは20gなんですが、やっぱり2gでも変わりますね。

安かったのであまり期待はしていませんでしたが、操作性はまぁまぁです。

カットバッカーとモアシルダの中間くらい・・・

動きもいい方だと思います。

投げ続けた結果。

満潮のタイミングで・・・

【HIT】

しかし、引きは弱い・・・

上げてみるとサイズは小さめ。

ヒラメというよりソゲサイズです。

この日はこの2枚でタイムアップでした。

とりあえず釣り納めに釣れてよかった・・・

釣果まとめ

結果的にカットバッカーと中華ルアーで釣れました。

やっぱり釣れると嬉しいですよね。

狙った魚を狙い通りに釣れるのが一番面白いところ!

ヒラメを釣るなら是非スプーンを使てみてください。

【本日の使用ルアー】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です