▶釣行記事更新中!

リールを売る時の梱包方法

リールもデリケートな商品なので発送時にトラブルが起きないように保護材でしっかり梱包しましょう。

ここではリールをダンボールに詰める時の基本的な梱包方法を紹介します。

リールの梱包手順

箱があればベスト

まずは購入した時のリールの箱があるかを確認してください。

もしも、箱があるなら買った時のように箱に入れます。

もしも無い場合は箱なしで包みましょう。

リールのハンドルを解体する

リールのハンドルをつけたままでは箱に入りません。

まずはハンドルを取り外してください。

取り外さなくても緩めると、うまい具合に折りたためるリールもあります。

スプールにプチプチを巻く

スプール部分にプチプチなどを巻きスプール部分を保護します。

出来ればスプールとベールの隙間を無くすのがベストです。

全体を保護する

次に全体をプチプチなどの保護シートで巻きます。

箱の内側に隙間ができないようにしてください。

箱の中でリールが移動する事を防ぎます。

箱全体を保護する

今度は箱全体を保護します。

梱包は重点的に行うと安心です。

ダンボールに入れる

更にダンボールに入れます。

こうする事でリールを衝撃からガードします。

同様にダンボールの内側は隙間ができないようにプチプチや新聞紙で隙間を埋めましょう。

MEMO

もしも、リールの箱が無くそのまま入れる場合はリールをプチプチで保護した後にそのままダンボールに入れます。

ダンボールの内側に隙間ができないようにくしゃくしゃにした新聞紙などを敷き詰めてください。

完成

最後にガムテープで密封して完成です。

H貼りにしてください。

まとめ

  • 基本はプチプチで保護する
  • 箱の内側に隙間を作らない

上記の2点が重要になるので参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です